電車 痴漢。 女子高生が電車に乗ると必ず痴漢される国・ニッポン?

下着の中まで手を入れられることも多かった。

を降りて、同じの隣のドアかにまた乗り込む、その感は何度やっても。

タカコは自宅で「やめなさい」「いやです」と声を出す練習をした。

女の子は鉄棒とスカートを改めて握り締め、すぐさま襲い来るだろう男の攻めに身構えた。

秘所への愛撫に伴い、ピタリと閉じ合わさった秘裂の奥からこんこんと滲み出てくる愛液は、男の指とクロッチとの間に粘着質な潤いを与え、粘っこい水音を次第に大きくしていった。

「……は?」 当然ながら男は、間抜けな返事で返すしかなかった。

……それが小さくて柔らかい子供の手であると気付いた瞬間、男は自身の身体から力が抜け去り、まるで石膏で塗り固められたかのように脚全体が重く、動かなくなっていくのを感じた。

4 - 5人以上の男性に協力してもらい、犯人を電車内から連れ出してもらう [ ]。

41
首には丈の長いタータンチェックのマフラーが巻かれていた それは、女の子をこれ以上傷付けなくて済むという理由からか
その言葉で彼女の膝がくず折れかけるのを、握り返した手を支えることで押し留めると、そのまま腕を引き、周囲の人間達の視界から逃れるように歩き出した 荒く熱っぽい吐息と共に鼓膜をくすぐる声音は、まるで客寄せする娼婦のように甘く、艶っぽく
のなかでは熱心にを触ってるか不乱に本を読んでるかどちらかなので、下を向いて没頭してて外部のことに鈍感なように見えるんだろうと思う は30代・40代の男性会社員が多かった
「っ……!」 男の目が再び、驚愕に見開かれる そんな気立ての良い女をみすみす放っておく輩なんて、いる訳がない
そのときの衝撃と吐き気はいまも覚えている 奥歯を強く噛み締めた音だった
そうやって他人事のように、今の自身の有様を理解した 「……なら
49