👋山健 組 解散。 神戸山口組の重鎮組長が突如引退、組解散…六代目山口組からの圧力か、カムフラージュか

池田組離脱の際には、両者は合流するのではないと噂されていたため、この会合にも注目が集まった。

その中田組長が、唯一接見できる弁護士経由で示した意向は「神戸山口組を離脱せよ」というものされている。

山健組はご承知のように神戸山口組(井上邦雄組長)の中核団体だが、この噂とは別に神戸山口組自体が分裂するという噂まで飛び交っている。

そして今回、五代目山健組中田浩司組長からは、神戸山口組からの離脱をはっきりと示す挨拶状が出されたようです」 令和2年8月の日付と、中田組長の署名がはっきりと記されたその挨拶文は、瞬く間にSNSでも拡散され、大きな話題となった。

それは、7月に神戸山口組を離脱した、岡山県に本拠地を置く池田組においても同じだった。

さらに、そのタイミングと合わせるかのように、六代目山口組から通達が出されたのだった。

いくら井上邦雄組長の組運営に不満でも、もう離れる時機を失して、このまま組が消滅するまでつき合うしかないと腹を決めている、だから今さらジタバタしない、というのだ。

今回、引退することになったのは、邦楽會・福原辰広会長だ。

「会合には池田組長をはじめ、絆會の織田会長も出席。

49 91