イエ ユウレイグモ。 繧、繧ィ繝ヲ繧ヲ繝ャ繧、繧ー繝「 逶願勠 — 縺励°縺励√後う繧ィ繧ー繝「縲阪→蜻シ縺ー繧後k陷倩屁縺溘■縺ッ莠コ縺ョ逕滓エサ縺ォ蠖ケ遶九▽逶願勠縺縺ィ縺�≧縺薙→繧偵#蟄倡衍縺ァ縺励g縺�°�溘%縺薙°繧峨�繧、繧ィ繧ー繝「縺ォ縺、縺�※縺皮エケ莉九@縺ヲ縺�″縺セ縺吶 螳カ縺ァ隕九°縺代k縲後う繧ィ繧ー繝「縲阪→縺ッ?

これは交尾器の役割を果たすもので、成熟したオスでは複雑な構造がみられる。

それは 家の中を綺麗に保つことです。

質問者様が本州から九州在住ならイエユウレイグモに間違いないでしょうが、いちおうurl先の画像をご参考ください。

皆さんが普段よく見かける種類の蜘蛛は、家の中をピョンピョン飛び回るハエトリグモ、庭や軒先に蜘蛛の巣を張るジョロウグモなどが多いでしょう。

体長は大種でも15㎜程度だが、脚が長い分大きく見える。

さて、イエユウレイとご指摘ですが、大きさからするとシモングモではないでしょうか。

79