カシメロ 戦績。 カシメロの負け試合を分析してみた!相手のスタイルから弱みが分かるか?

三振かホームランのタイプだから、ガチで危険。

しかしながら、WBSSの優勝候補筆頭だったゾラニ・テテがカシメロに不覚をとったり、無敗の王者だったローマン・ゴンザレスがノーマークのシーサケット・ソー・ルンヴィサイにまさかのKO負けもありました 今回はジョンリル・カシメロの 強さ について解説しました
他のスポーツや競技に比べて、アップセットが起こりやすいのがボクシングのような気がします 勝敗予想・カシメロvs井上尚弥が試合をしたら勝つのズバリどっち? 井上選手が万が一、カシメロ選手に負けるようなことがあるとすれば以下のような事態しか考えられません
偶然にもカシメロの戦績と近いですね(笑) 早い仕事を終えたカシメロですが、今回の試合で気になったのは思ったより ガードが低かった事でしょうか 今回は井上尚弥の次戦の相手である「ジョンリル・カシメロ」選手の戦績やプロフィール、気になる強さについてご紹介していきたいと思います! ラスベガスの地で行われる王者同士のビッグマッチを楽しむ為にも、是非チェックしてくださいね!• ジョナス・スルタン選手はカシメロ選手と戦う前は13勝3敗という戦績でカシメロ選手に勝ったあとはIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチでジェルウィン・アンカハス選手に判定負けで点数的にも完敗しています
【井上の次戦は6月、目標は4団体制覇】 井上は6月19日、IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)を相手に、指名試合での防衛戦を行う予定だ ただ、井上選手のスピード、テクニックをべた褒めしていて、油断しなければ井上選手の後半の勝利を予想していました
亀が魚を食うことはわかりきっていた ガードを下げたスタイルなので、相手のパンチが当たらない距離にいるのですが、勿論ガードが下がっているので避ける反射神経も必要です
カシメロと戦う事に興味が湧いてきた 対ドネアではフィジカルの強さや間合いの巧さに苦労した印象の井上選手
88
昔はボクサーで30歳と言うと引退する時期に差し掛かったいたのですが、現代は30歳を過ぎてさらに強くなっていくと言うケースも多いですよね 苦戦を強いられ、途中判定でリードされていましたが、11回1分40秒逆転TKO勝ちを収められました
井上尚弥選手と同じく三階級制覇した王者なので対戦となると非常にもりあがりそうですね 3回2分14秒TKO勝ちを収められ、王座統一を果たされました
誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので コメントいただけますと幸いです 有名なガッツ石松さんでさえ、ライト級王者でした
2013年10月26日、のマカティ・コロシアムにて、フェリペ・サルゲロと対戦し、11回1分34秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した レフェリーを務めたラリー・ドンガットに対して IBF公認レフェリー資格剥奪の処分を下し、ダイレクトリマッチの指令を出した
レフェリーを務めたラリー・ドンガットに対してIBF公認レフェリー資格剥奪の処分を下し、アムナットとカシメロに対し再戦指令を出した 井上君、気を抜かず頑張って! 絶対に勝てるさ!! 今回も最後まで読んで頂きありがとうございました
その後、立ち上がったものの足元はふらふら というか、ムザラネやアムナットに翻弄されていた頃と比べると かなり強くなった印象ですね
54