会 陰 切開。 助産師さん監修:妊娠中の「会陰マッサージ」図解|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

53 52

会陰切開とは? 女性の外陰部と肛門の間にある、ひし形の部分を「会陰」といいます。

縫合が必要な会陰裂傷が少なかった• 会陰部分は皮膚が柔らかく伸びやすくなっているのですが、赤ちゃんがスムーズに生まれるようにあらかじめ切開して、間口を広げておくといいうことです。

子宮口が全開になるまでは良かったのですが、赤ちゃんの頭が出てからは痛みに耐えきれずに、無理やりいきんでしまったのでラストのところで裂けてしまいました。

赤ちゃんに危険が迫ったり、お産が長引いたりして、自然な誕生を待っている余裕がなくなってきたとき• 会陰が伸びにくいため、赤ちゃんが出るときに裂傷が起きると思われる場合(切開の傷はきれいに縫合できるので自然裂傷より良いという考え)。

しかし、経産婦さんの場合は初産婦さんと違い、皮膚の伸展も良好になりやすいのも事実です。

歴史 [ ] に、の外科医フィールディング・オールドが難産の症例に行ったのが、最初と言われている。

赤ちゃんが苦しいとき• 吸引分娩または鉗子分娩を行うため、医療器具の挿入を目的とした会陰切開 等 前述した手術の記載がある場合、保険会社等に給付金を請求したいものですが注意点もあります。

ただし縫合が必要なほど深い傷ができた場合には、出産後しばらく座るときやトイレのときなどに痛みを感じるほか、パートナーとのセックスに恐怖心を感じる女性も多いようです。

産後2ヶ月も歩行困難になってしまった先輩ママは、出産以上に大変な思いをしてしまったとか。

2