秘密 結社 イルミナティ。 映画『イルミナティ』ネタバレ感想と結末ラストの解説。世界を操る闇の秘密結社に歴史的な側面から挑むドキュメンタリー

31
本作で興味深いのは、 歴史的な側面から「イルミナティ」に迫っているという点です ジェゼフ・ウェジス(フリーメイソン、イルミナティ歴史家) ラインハルト・マークナー(イルミナティ歴史家) アダム・ケンドル(フリーメイソン歴史家) テレシタ・アレキガ(フリーメイソン幹部、カルフォルニア女性ロッジ副総長) オラフ・シモンズ博士(イルミナティ歴史家) ブライアン・バトラー(オカルティスト) クライド・ルイス(ラジオ司会者) エリック・ベルトリ(フリーメイソンメンバー) 「イルミナティ」の起源、発展、位階制度について詳しく説明されます
インゴルシュタット市立博物館にはアダム・ヴァイスハオプトのデスマスクが保管されている フリーメイソンとイルミナティの関係 石工職人の集まりだったフリーメイソンは、どのようにしてオカルト的な宗教色の強い団体へ変わっていったのでしょうか?全ての経緯を追うことはできませんが、その原因の一つとして考えられる、イルミナティとの関係について、ここで把握しておきましょう
表に全くといっていいほど情報が出てこないのは13血族の中でも珍しく、 支配者層との関連が全く確認出来ないのはこの一族がそれだけ重要な部分を担っているのか、もしくは表に出せないような計画を担っているのかは定かではない ロックフェラー家が関わる秘密結社 ・300人委員会 メディアの支配や金融支配を行う秘密結社であり、そのメンバーには世界の財界を牛耳る人物が名を連ねている
ファーガソンはこの本で、人類の歴史を「スクエア(広場)」と「塔(タワー)」の拮抗と交代として読み解こうとしている 悪魔の勢力というのは、表向きはいつもに善人を装うのです
陰謀論として [ ] 1785年以降、それ以上の活動は歴史的文献には含まれていないが、イルミナティはその解散後何世紀にもわたって陰謀論において絶大な存在感を誇った そうなると、「テンプル騎士団を起源とする伝承がないがしろにされている」と不満をもつ会員が現われ、「厳格な典礼の遵守」を求めるようになった
イエズス会の活動は、以下の3つです とはいえ、創設時の会員は学生が大半で、2年経っても会員総数はわずか25人だった
タワー(伽藍)が強固な階層性組織だとするならば、広場(バザール)は階層性を侵食するネットワークだ 一部の者たちにとっては今もって脅威の団体です
監督のジョニー・ロイヤルは、フリーメイソンです ジョン・F・ケネディ元大統領、ジャクリーン・ケネディ 出典 : AFLO この暗殺については様々な陰謀論が渦巻いているが、ケネディ大統領はイルミナティに 反抗した為に暗殺されたと考える事も出来るが、逆にケネディ家の地位をイルミナティの中で確立させるための 命を懸けた芝居と見る事も出来る
それが1789年のフランス革命だ でも、実は秘密結社の明確な定義はないんです
50
ただ、映画を鑑賞した率直な疑問としてですが、「イルミナティ」は、1785年に直接解散を命じられ、多くの会員が財産を没収し投獄されたとされています ディープステイトとはいったい何なのか? 諸説あるものの、この用語が広く知られるようになったきっかけは、NSA(国家安全保障局)、CIA(中央情報局)の元局員で、政府がアメリカ国民に対して組織的な監視活動を行なっていることを告発したエドワード・スノーデンのようだ
秘密の合言葉も作り、「ロッジの場所を外部に漏らしてはならない」などの規律をメモ帳に書き記した トランプはプーチンと共にイルミナティを潰す戦いを挑んでいるともいわれている
また、国際連合本部ビルの土地が、フリーメイソンのマスターであるロックフェラーによって資金提供されていることは有名な話です ですが、上層階級の儀式と、それに対する思想の違いで、ヴァイスハウプトとクニッゲの対立が始まります
あらゆる形態の専制を封じる団体 」 今まで秘密とされてきた組織団体フリーメイソンはなぜ大っぴらに出てこられるようになったのか
さらに1785年、秘密結社に危機感を覚えたバイエルン政府により「イルミナティ」は解散を命じられます 映画というより講義の方が近いかもしれない) 「イルミナティは現在も国家や王室の上に立ち、世界を支配しているディープ・ステート(闇の政府)なのかもしれない」という共通認識を観客は有している、という前提のもとに話が進みます
様々な困難と妨害、さらに生命の危機をも乗り越え、映画がたどり着く陰謀と伝説の驚愕の真実とは! 彼らは、わかる人にはわかるこれ等のシンボルを掲げることにより、そのシンボルが付与された団体に対して権威を持っていることを示しているのです 6)フクロウ ドル札の「1」の左上をよく見ると、小さく隠れたフクロウが描かれていることがわかります
この世界の真の支配者は誰なのか 橘 玲 たちばな あきら 作家
フリーメイソン研究家としても知られる映像作家ジョニー・ロイヤルは、そんな人類最大のタブーに果敢に挑み、映画史上初めてイルミナティの驚くべき歴史と真実の全貌を明らかにする衝撃と禁断のドキュメンタリーを完成させた! この秘密結社は、いったい誰が、どんな目的で創り、200年以上にわたって世界と人類の歴史にどんな影響を及ぼし、何をしてきたのか? そして今、彼らは何を企んでいるのか? 噂されるように、果たして彼らは本当に悪意と陰謀に満ちた悪魔的な組織なのか? 映画は門外不出の貴重な資料の数々を基に、詳細な調査とイルミナティの正体を知る重要人物たちの証言によって、前人未到の危険領域にまで踏み込んでいく… 日本とフリーメイソン 日本にもフリーメイソンは存在し、東京タワーのすぐ近くに東京フリーメイソングランドロッジ(東京メソニックセンター)はある
ヨハン・フォン・イヒシュタットは、インゴルシュタットでローマ・カトリック教が禁止する本を検閲し、 本を破棄する仕事をしていました ローマ・カトリック教会、イエズス会、黄金薔薇十字団は、「イルミナティ」を危険であるとしました
イルミナティは次第にその人材採用活動をインゴルシュタットから・・などに広げていく この事件の不可解さは、トランプ支持者がQアノンなる陰謀論を信じていることにある
52