小早川 秀秋。 小早川秀秋とは

しかし酒に溺れ、秀吉に諫められることもあったようです。

小早川秀秋は、旧領に復帰すると農民保護対策を取り、文禄慶長の役で疲弊した農村の復興に努めた。

1597年には朝鮮出兵に参加。

- 秀秋の死後浪人となり、家康に召しだされて大名となる。

同年11月中国に下向して三原城(広島県三原市)に入り、毛利輝元 もうりてるもと の従妹 いとこ を妻とした。

岡山城に移った小早川秀秋は寺社寄進領の安堵といった施策や側近勢力の拡充を行います。

小早川秀秋は を改築するとともに、従来の外堀の外側に新たに倍の幅を持つ外堀を構築。

上方方面(京都・大坂)にいた秀秋は、西軍の武将が多数いるなかで、「東軍に与する」とは言えなかったに違いない。

一体、これを見た秀秋はどう思ったことだろう。

概要 豊臣秀吉()や徳川家康()が天下を手中に収めるまでの中で、演じる小早川秀秋と、演じる公家・近衛信尹が、それぞれの立場でどのように生きたのかを描く壮大な長編作品である。

またこの時には、秀吉の代理として天皇への誓いを受け取っている。

そして運命の関ヶ原合戦(慶長五年=一六〇〇年)。

そしてあまりに早く報われない最期……これは、「日本一の裏切り者」という一般認識の中に覆い隠された一人の男の20年の人生を、語り尽くした物語である。

そんな期待があったからの厳しい言葉。

1598年9月頃、小早川秀秋は正室以外の女性との間に子が産まれた事もあり、正室・古満姫 長寿院 とは離縁。