フレア スタック。 フレアスタックとは

周辺環境に対する影響を抑えるために、フレアスタックにもさまざまな種類があります。 ところが、そのような説明をすると、「製油所では余剰になった石油をフレアスタックで燃やしているんだ」という誤解を受けることがあります。 とはいえ、そうやって、少しずつ放出されるガスの回収を心がけてきた結果、最近の製油所や石油化学工場のフレアスタックでは、ほとんど見えないくらい炎が小さくなっています。 排ガスに消石灰を噴霧することで、排ガス中の塩化水素を反応させ、取り除いていきます。 (通常1時間から数時間) しかし、圧力調整は常に行われていますので、これはあまり大きな炎にはなりませんが、長時間燃え続けます。

ときどき、煙突の先端で炎が燃えているのを見かけたことはあるでしょうか。

毎回、新しい発見があります。

ひとつの製油所にはプラントが十数基あり、その中の圧力容器が全体で数十個もあり、その圧力容器の圧力は分間隔で自動的に制御されています。

落ち着いて、備えましょう。

このとき、ガスに火をつけて燃やしてしまうことによって、ガスは無害化されるというわけです。

44