しもやけ 飲み 薬。 しもやけ|社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院

強いかゆみやジンジンするような痛みを伴い、入浴や暖房などの温熱刺激によってかゆみが強くなる特徴があります。

ステロイド外用薬を使用する際には自己判断せず、医師の診断のもとで使うようにしましょう。

特に以下のような成分・効能を持つ「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、しもやけ治療のための内服薬としておすすめです。

予防が一番大切 当たり前のことが多いとは思いますが、日々の注意点をかきますね。

ひどくなると皮膚が赤紫色~暗紫色にみえることがあり、水ぶくれや潰瘍がたくさんできることもあります。

外から帰ったら手足をぬるま湯につけたりマッサージをしたりして温めることも大切です。

また、まれにしもやけ(凍瘡)ではなく、自己免疫疾患などの病気である場合もあるので、春になっても症状がおさまらないようなことがあれば皮膚科や小児科などを受診するようにましょう。

まとめ しもやけにおすすめの塗り薬と飲み薬をご紹介しました。

36 82

症状が収束するまで常用。

むしろ、しもやけになりかゆみや炎症が起こっている時に、しっかり適切な対処をしないことで症状が悪化すると、かゆみに耐えられなく掻き壊しが起こり、二次感染をさせてしまう恐れがあることから、この場合は2のステロイドが含まれているものを使用し、できるだけ早くしもやけを治癒した方がよいでしょう。

漢方薬は何がよいか? もともと冷え性で便秘がち。

しもやけは冷えによって体の血行が悪くなることで起こりますから、ビタミンEの血管を拡張したり、血液を流れやすくしたりする作用によってしもやけの症状を改善することができます。

ドラッグストアや薬局で市販薬・サプリメントとして販売されている商品の多くは通販でも購入可能ですので、ユベラを通販で購入しようとする場合の現実的な方法としては代用可能な市販薬・サプリメントを購入することになります。

26