スタンド バイミー あらすじ。 映画『スタンド・バイ・ミー』あらすじと8つの名シーンの感想を語り尽くす!※ネタバレ考察

引用元: 映画『スタンド・バイ・ミー』7つの魅力とは? 【その1】広々とした自然の懐 アメリカ映画にはとかくよく出てきますが、本作『スタンド・バイ・ミー』もアメリカのオレゴンを舞台としているため、その広大な自然の魅力が所せましと満載です。 バーンを促す様に、ゴーディがその後ろを付いて歩いていたが、時々線路を触り、汽車が来ていないか振動を確かめながら渡っていた。 リヴァー・フェニックスの青春も、ここに閉じ込められたまま決して色褪せることはない。 よくあることかもしれないけどその中身の大切さを『スタンドバイミー』は伝えてくれているのです。 。 そこにエースたち不良グループが現れ、死体を渡せとせまる。 「昔はすごく仲良かったけど、今は疎遠になってしまった」 という経験は、誰にでもあるでしょう。 そして家の前を流れる町一番の川を海に向かってただ歩き、夜には焚き火をしたのを覚えている。 4人は、柵を乗り越えて鉄くず置き場に侵入。

一部不適切ともとれる内容が含まれていますが、何度も見たくなるような魅力がある素晴らしい作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

スタンド・バイ・ミーの出演者 数々の名俳優達 ゴードン ウィル・ウィントンはアメリカのバンクーバー州出身の俳優です。

宝の地図を作っていたのですが、その地図を母に捨てられ、場所が分からなくなります。

ゴーディには親しい友人が3人おり、木の上に組み立てた秘密基地の中に集まり、いつも一緒に遊んでいます。

バーンは、自宅でこっそり兄たちが話しているのを聞いていたのだった。

37