目 の 疲れ ツボ。 疲れ目を改善するツボ(手つぼ編)

施術後、Aさんが最初に発したのは、「目が開いた!見えるようになった」という言葉でした。

肝と腎を治療して眼精疲労をたすける 肝臓の血を補ったり、肝臓の気が上に上がらないように和したりすることで、目の働きを正常化し、身体の精気を補えば、眼精疲労を良くすることができるといえます。

さらに強く押したい場合には、手の親指の先を、眼晴 がんせい のツボに当てて、30回程度、指圧すると良いです。

押すときは、ゆっくり押して、ゆっくり離す• 具体的に、ツボ押しがNGのタイミングとしては、• アントシアニン 視覚機能の改善が期待できると考えられています。

・定期的に休憩を取る パソコン画面のように、長時間に渡って同じ物を同じ距離で見続けていると、眼球を支える筋肉が凝り固まってしまいます。

冬にかけてますます乾燥が進む時期です。

・パソコンやテレビ画面との距離を適正にとる パソコンやテレビ画面から出ている光はかなり強いもの。

84