保険 業法。 ファイナンシャルプランナーへ生命保険相談と生命保険見直しと比較

(令和二年内閣府令第六十六号)• 第4款 雑則• )」と、同項第1号中「第28条第1号又は第2号」とあるのは「保険業法第24条第1項第1号」と、同条第3項中「第33条第10項第3号」とあるのは「保険業法第24条第2項において準用する第33条第10項第3号」と、同法第103条第4項中「第57条第1項の募集をした場合において、当該募集」とあるのは「保険業法第27条又は第30条の6第1項の募集」と、「及び前三項」とあるのは「(第52条第2項第2号及び第52条の2を除く。

また、保険会社は、保険募集人が、募集関連行為を第三者に委託し、又はそれに準じる関係に基づいて行わせている場合には、保険募集人がその規模や業務特性に応じた適切な委託先管理等を行うよう指導しているか。

ウ 保障(補償)の内容 注 保険金等の支払事由、支払事由に該当しない場合及び免責事由等の保険金等を支払わない場合について、それぞれ主なものを記載すること。

第2款 合併契約• insurance. 平成13年12月12日 法律第150号 商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律• この場合において、同条第3項(議事録)中「株主」とあるのは「社員(総代会を設けているときは、総代)」と、同条第4項中「委員の責任を追及するため必要があるとき及び親会社社員がその権利を行使するため必要があるとき」とあるのは「委員の責任を追及するため必要があるとき」と、同条第5項中「又はその親会社若しくは子会社」とあるのは「又はその保険業法第33条の2第1項に規定する実質子会社」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。

)に報告された貸借対照表をいい、相互会社の成立後最初の定時社員総会までの間においては、第54条の3第1項の貸借対照表をいう。

第7款 相互会社の社債を引き受ける者の募集• なお、解除前に発生した保険事故でも重大事由発生以後であれば保険金支払いが免除となります。

平成14年5月29日 法律第47号 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律• 保険法施行に伴い、保険契約全般に関する規定が無くなり、海上保険契約に関する規定のみが残されている。

以下この節において同じ。

)、第462条第3項(同項ただし書に規定する分配可能額を超えない部分について負う義務に係る部分に限る。 注 「契約概要」と「注意喚起情報」について、同一媒体を用いて一体で作成する場合、「契約締結前交付書面の内容を十分に読むべきこと」を契約締結前交付書面の冒頭に記載し、以下の(ア)a.及び(イ)a.を省略することができる。 b.補償重複の場合の保険金の支払に係る注意喚起• (令和二年内閣府令第四号)• 第3款 社員の権利義務• 6 会社法第2編第4章第10節第3款 (指名委員会等の運営)の規定は指名委員会等設置会社の指名委員会等の運営について、同法第868条第1項 (非訟事件の管轄)、第869条 (疎明)、第870条第2項 (第1号に係る部分に限る。 )の決議に係る株主総会 (会社法第447条第3項 (資本金の額の減少)又は第448条第3項 (準備金の額の減少)に規定する場合にあっては、取締役会)の会日の2週間前から資本金等の額の減少の効力を生じた日後6月を経過する日まで、資本金等の額の減少に関する議案その他の内閣府令で定める事項を記載し、又は記録した書類又は電磁的記録を各営業所に備え置かなければならない。 o. 特に法令等で注意喚起することとされている事項• f . 保険期間• 2 会社法第93条第2項及び第3項 (設立時取締役等による調査)並びに第94条 (設立時取締役等が発起人である場合の特則)の規定は、前項の規定による調査について準用する。 以下この条において同じ。 第6節 特定法人に対する特則• 第2節 業務及び財産の管理等に関する内閣総理大臣の処分等 第1款 業務の停止、合併等の協議の命令並びに業務及び財産の管理• )及び第2項 (第1号に係る部分に限る。 この場合、後ほど保険に加入し直そうとしても、80歳という高齢ゆえに再加入が難しくなっています。 重大事由による解除とは 契約者等が故意に保険事故を発生させようとする等の重大事由による場合、保険会社が契約を解除できる規定が新設されました。 以下この号において同じ。