パワプロ なんj。 なんj民「パワ校のパワプロ、また全打席ホームランや…何か薬やってるんかこいつ…」←

「プロスピ2014」発売時に投稿されたものが初出であり、その後も「パワプロ2016」「パワプロ2018」・「プロスピ2019」・「Switch版パワプロ」 2019年度 ・「パワプロ2020」・「プロスピ2021」の発売、そして「」内での対戦プレイ実装時とシーズン更新時に合わせて動画が投稿されている。 なおMVPは互選の結果小林が選ばれている(ただし他の3人が全員別のプレイヤーを指名したのに対して小林だけに走ったせいである)。 往年のパワプロファンには懐かしい「ガツーン!」「ズバーッ!」といった豪快な実況の数々が彩る、思わず手に汗握る試合をお楽しみ下さい。 あおいが選手として復帰して最後の大会へ。 2年目に新入生男子が入部して部員数9人を超え、正式に野球部になる。 ただし、2019シーズンは据え置きとAに登場する選手が異なるペアであったため、則本は据え置きの動画には登場していなかった。 則本の不倫が発覚した後だったが、動画投稿時にはとっくに一軍で普通に投げていたためあまり関係は無いと思われる。 今年は「最も活躍した選手に 勝者側の得点分のパワプロ2020のソフトをプレゼントする」というルールであったため、気合が入るのもであり最大の被害者は20本ものプレゼントを約束することになったKONAMIであるとも言われる。 丸のせいもあり松山の蔑称になった。
80
09更新 実況音声を追加!元朝日放送アナウンサー安部憲幸さんも! 実況に元朝日放送アナウンサー安部憲幸さんの音声を追加! 「パワプロ2018」では、実況担当として、堂前英男アナウンサー、 清水久嗣アナウンサー、 熱盛宗厚アナウンサー(CV:金光宣明)に加え、 実況パワフルプロ野球シリーズで初代実況を務めた、元朝日放送アナウンサー安部憲幸さんの音声を追加! 安部アナウンサーのパワフルな実況音声で白熱の試合がお楽しみいただけます! 安部憲幸さんは、1988年に「10. 2020年度のパワプロ対戦動画では前述の丸とのタッグが実現 「練習してきた」と語る菅野はというと投げてはガチガチの配球で0封、打ってはホームラン祭りと小林を完膚なきまでに叩き潰し無事に長年のリベンジを果たした
「漬物」とも略される
その後、女子も大会に出場できるように野球部は署名活動を行う 得意のシンカーを評価されたのだと思っていたが、実際のところは「史上初の女性プロ野球選手」という集客力が狙いだった
強豪校が女性選手を受け入れてくれるはずがなく、仕方なく恋恋に来たことが後に明かされる プロ入り後、球団からは客寄せパンダ的な扱いを受け、人気が低下する頃に成績不振に陥るがシンカーを改良し独自の変化球・マリンボールを開発し復活
そんな菅野が2019年、プロスピAの対戦動画に2度目の出演 ただし、現在では「カラーコーン」の方がよく使われている
両者の証言によればプロスピAでコミュニケーションを取っているという話であり、を見せるに至った 普段球場では見られない素の野球選手がゲームを楽しむ様子が見られ、迷言・迷プレーが数多く飛び出すためなんJでも好評を博している企画である
更に理事長や恋恋高校の生徒達の協力もあってルールが改正され、女子も大会に参加できるようになる その年から共学になった恋恋高校に入学
概要 KONAMIとのコラボ企画としてパワプロ・プロスピを用いて12球団の選手が自身の所属球団を使用し対戦する動画が撮影され、KONAMI公式YouTubeチャンネルに投稿されている 後に楽天編の、DeNA編のの証言により プロスピAのガチ勢であることが判明
学校の男子全員を集めても部員は8人しかおらず、1年目は大会に出場できない 小林と岡本のタッグを相手に20点もの大量得点を挙げボコボコにする、打席に立ったゲーム内の小林に露骨にを狙いに行く、などという相変わらずの姿を披露した
57 15