テセウス の 船 原作 犯人。 ドラマ『テセウスの船』真犯人が原作と違う?7話からはドラマ独自の展開に!

過去にやってきたミキオは、自分自身に事件を起こさないように伝える。 みきおはお祖母ちゃんと2人暮らしでした。 三島千夏が自宅の倉庫でパラコートを誤飲して中毒死する事故が起こる 田村心がタイムスリップした1989年1月7日は、佐野鈴の転落事故だけでなく、三島千夏がパラコートを誤飲して中毒死する事故も起きています。 なんと大人になったみきおは、 心と同じくタイムスリップして過去に来ていました。 しかし翼は2話で死亡しているので、音臼小事件の犯人ではありません。
40
。 そしてみきおから鈴を紹介され家を出ていくときに引越の手伝いをします。 佐野文吾との再会 2017年(B)のあまりの変わりように、ショックを受けた田村心は、拘置所にいる佐野文吾に会いにいきます。 2人が家の前に止めた車の中で話していると、そこを木村さつきが通りかかります。 事件の真相 ミキオは、転校してきた鈴のことが好きになり、独り占めしたいと思うようになったという。 第5話の最後のシーンですね。 さつきが自分の家にきて、青酸カリを置いていった。
95