皇族 速報。 皇族身分を失い、没落した“宮家”の地獄――悲しき妃殿下の「アアこれで万事休す」告白(2021/01/09 17:00)|サイゾーウーマン

さんは5月、留学先のロースクールを卒業。

しかも天皇家の内親王という格別の存在です。

デイリー新潮取材班 2021年5月18日 掲載. 209• 「男系だ、女系だという騒ぎがおさまるならば、それもひとつの案かもしれません。 107• 小田部さんは、ヒアリングの場で、こんな質問を投げかけられた。 皇族方の知られざる日常、意外な素顔を紹介します• 皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。 宍戸教授が「女系天皇」を容認する立場を鮮明にしたのに対して、「男系男子」堅持を主張する百地章・国士舘大学特任教授はペーパーで、 〈「女性宮家」の最大の問題点は、皇室と全く無縁な「民間人成年男子」が結婚を機に、突然「皇族」となって「皇室」に入ってくる危険があることである〉 と繰り返し強調している。 1,147• 皇位継承における女性宮家問題とリンクすると、小室圭さんのご結婚問題は更に混乱をもたらすことになりかねない。 配偶者も皇族とするのが適当と考える 「皇族数及び皇位継承者数を確保するという観点から、女系にも皇位継承資格を認め、その前提として内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持する制度が前提となると考える。 1,338• おまけに梨本宮さまは戦後すぐに、GHQから巣鴨勾留所まで出頭命令が出されていますし、ようやく戻ってこられたと思ったら、今度は皇族の身分を失う「臣籍降下」が待っていました。
39

そうした中で、眞子内親王殿下とのご結婚の問題は、皇位継承の安定性を図るための女性宮家創設問題や女系天皇容認という国制上の大問題ともリンクしかねないのが現状だ。

「内親王殿下の結婚の意志は固く、秋篠宮殿下も宮内庁も止められないと判断しているのでしょう。

堀江 東京は空襲が相次ぎ、梨本宮邸はもちろん、各宮家の屋敷(東京の李王家の屋敷を含む)はすべて全焼という惨事に見舞われるのです。

天皇陛下の妹・貴子さま 結婚から5か月後、軽井沢で両陛下と一緒の貴子さん(左)。

その後も、百貨店のブティックやホテルの重役として活躍するなど元皇族の枠にとらわれない生き方もしてきた。

これだけ世間を騒がせていれば、お年頃の女性皇族のお相手に注目が集まるのは必然だ。

その場合には、生まれてくる子はもちろん、配偶者も皇族とするのが適当と考える」 つまり、「女系天皇」容認を前提とした上で、内親王が婚姻した後も「皇族」として身分を保持するだけでなく、その「配偶者」も「皇族」とするのが適当であるというのだ。

しかし、女性皇族の結婚相手を、男系男子につながる旧皇族に限定すれば、男系は維持される。

5月10日の第4回会議では、岡部喜代子・元最高裁判所判事、大石眞・京都大学名誉教授、宍戸常寿・東京大学大学院法学政治学研究科教授、百地章・国士舘大学特任教授が招かれた。

437• さらに、文書に、「将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続ける」と、眞子さんを指すような表現があったことも問題視していて、「金銭トラブルは小室家の問題。